スタッフ&キャスト

スタッフ



総監督 宮田慶子 Keiko Miyata

東京都生まれ。1980年青年座(文芸部)入団。演出作品に「ブンナよ、木からおりてこい」「セイムタイム・ネクストイヤー」「MOTHER」「ディア・ライアー」「赤シャツ」「悔しい女」「伝説の女優」「ペテン師と詐欺師」「ガブリエル・シャネル」「ヘッダ・ガーブレル」「るつぼ」他多数。また演劇教育、日本各地での演劇振興、交流に積極的に取り組んでいる。
2010年9月より新国立劇場演劇芸術監督。公益社団法人日本劇団協議会常務理事、日本演出家協会副理事長。2012年4月、「沈黙」で初のオペラ演出。

主な受賞歴
•平成2年文化庁芸術祭賞(「セイムタイム・ネクストイヤー」加藤健一事務所)
•第29回紀伊国屋演劇賞個人賞(「MOTHER」青年座)
•第5回読売演劇大賞優秀演出家賞(「フユヒコ」青年座)
•平成10年度芸術選奨文部大臣新人賞(「ディアー・ライアー」新国立劇場)
•第43回毎日芸術賞千田是也賞
•第9回読売演劇大賞最優秀演出家賞(「赤シャツ」青年座・「サラ」松竹・「悔しい女」青年座)





指揮 佐藤正浩 Masahiro Sato

東京芸術大学声楽科卒業。ジュリアード音楽院ピアノ伴奏科修士課程修了。サンフランシスコ・オペラの専属ピアニストを経て、1995年、指揮者ケント・ナガノの招きによりリヨン国立歌劇場(仏)の首席コレペティトールとなり、2つの世界初演を含む20作品を超えるプロダクションに参加、多くの指揮者、歌手から絶大な信頼を得る。
98年のシーズンからはパリを本拠地に、ナガノ、ゲルギエフ、チョン・ミョンフン等のアシスタントとして、シャトレ座、ラヴェンナ音楽祭、ウイーン芸術週間等で活躍、同時に指揮者として活動を開始する。
99年、イギリス・ダーティントン音楽祭でオペラ「イドメネオ」を指揮しデビュー。翌年、新国立劇場にて「オルフェオとエウリディーチェ」を指揮し日本デビューを果たし、脚光を浴びる。以降、日生劇場「カルメン」、新国立劇場「トスカ」、藤原歌劇団「愛の妙薬」、東京オペラプロデュース「放蕩者のなりゆき」、いずみホール「ランスへの旅」等を指揮し、常に注目を集める。2008年より和光市にてヴェルディ・プロジェクトを開始、第一作目の「ナブッコ」は三菱UFJ信託音楽賞を受賞。東京室内歌劇場「人間の声」、「マノンの肖像」、ひろしまオペラルネッサンス「カルメル会修道女の対話」を指揮、フランスオペラの解釈に高い評価を受ける。昨年会津若松で初演されたオペラ「白虎」(宮本益光・脚本/加藤昌則・作曲)は今年度の佐川吉男賞を受賞した。これまでに読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢等を指揮。また自身のオーケストラ、Orchestre”Les Champs-Lyrics”を設立し活動する。




演出 岩田達宗 Tatsuji Iwata

オペラ演出家。神戸市出身。東京外国語大学フランス語学科卒業。1991年より栗山昌良氏に演出助手として師事。
96年五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞し、98年より2年間、ドイツ、イギリスを中心にヨーロッパ各地を遊学、研鑽を積む。
帰国後、本格的にオペラ演出家として活動を始める。日生劇場、新国立劇場、びわこホール、藤原歌劇団、日本オペラ協会、コレギウム・ムジクム、藤沢市民オペラ、愛知県文化振興事業団、神戸市演奏協会、大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス、関西二期会、関西歌劇団、堺シティオペラ、広島オペラルネッサンスなど各地のオペラ・プロダクションで作品を発表し、高い評価を得る。2007年より、いずみホール・オペラではプロデューサーも兼任。
なかでも2003年に堺シティオペラでのプッチーニ「三部作」、2005年いずみホールでのプーランク「カルメル会修道女の対話」は、同年の音楽クリティック・クラブ賞、大阪府舞台芸術賞を受賞。同じく堺シティオペラ「三部作」と愛知万博開催記念オペラ 新実徳英「白鳥」は佐川吉男賞を受賞。昨年2011年ザ・カレッジオペラハウス公演「ねじの回転」は文化庁芸術祭大賞を受賞。
2006年自身が、オペラ演出家として初めてとなる音楽クリティック・クラブ賞を受賞。最近の代表的な演出作品は、藤原歌劇団「ラ・ジョコンダ」「ルチア」、愛知県芸術劇場「ファルスタッフ」、藤沢市民オペラ「カバレリア・ルスティカーナ」「パリアッチ」東京文化会館開場50周年記念オペラ「古事記」、2013年新国立劇場公演・新作「夜叉ケ池」など。



出演



支倉六右衛門常長役 小森輝彦 Teruhiko Komori

東京藝術大学、同大学院、文化庁オペラ研修所、ベルリン芸術大学に学ぶ。
五島記念文財団オペラ新人賞受賞。
17年にわたるドイツ生活に終止符を打ち昨年秋、日本に帰国した。12年の長きに渡ってドイツ、テューリンゲン州のアルテンブルク・ゲラ市立歌劇場で専属第一バリトンを務めた。日本人初のドイツ宮廷歌手。
同劇場ではリゴレット役でのセンセーショナルなデビューの後、ドン・ジョヴァンニ、オランダ人、スカルピア、ヤーゴ、テルラムント、ナブッコなどありとあらゆるバリトンの主役を歌い、そのどれもが絶賛された。ヨーロッパデビューは1999年プラハ州立歌劇場での「椿姫」ジェルモン役。専属歌手としての活動の傍ら、イタリア、スイス、オーストリアなどヨーロッパ各地、及び日本に客演。
2013年には新国立劇場「タンホイザー」、東京二期会「マクベス」「ホフマン物語」「リア」(日本初演)他に出演。東京音楽大学准教授。二期会会員。
Web: 公式ホームページ





ルイス・ソテロ役 小山陽二郎 Yojiro Oyama

愛知県出身。愛知県立芸術大学卒業。同大学院及び研修生修了。
1994年渡伊。愛知県新進芸術家海外研修費助成を受ける。
カシナ・リリカ国際声楽コンクール、ブダペスト国際声楽コンクール、レナート・ブロージ歌曲コンクール第2位、ドニゼティ・ロッシーニの声コンクール第2位の他、受賞多数。96年イタリア・オルヴィエート「セヴィリアの理髪師」のアルマヴィーヴァ伯爵でデビューを果たし、各地で「リゴレット」「友人フリッツ」「ルチア」「アルジェのイタリア女」等に出演。
97~99年ハンガリー国立歌劇場のメンバーとして同劇場「ファルスタッフ」「チェネレントラ」「ルチア」に出演のほか、ヨーロッパ各地でオペラやコンサートに出演。帰国後は、藤原歌劇団ほかで「ロメオとジュリエット」「ルチア」「カルメン」「夢遊病の女」等多数のオペラやコンサート等、全国各地で活躍している。藤原歌劇団団員。





徳川家康役 井上雅人 Masato Inoue

山形県出身。山形北高等学校音楽家を経て、東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院オペラ科修了。二期会オペラ研修所を最優秀賞、および川崎靜子賞を得て修了。ヘルシンキに渡りMaria Holopainen女史のもとでフィンランド歌曲、ドイツ歌曲を学ぶ。
オペラでは卒業後に「コシ・ファン・トゥッテ」(若杉弘指揮・栗山昌良演出・東京フィル)グリエルモ役でデビュー後、「フィガロの結婚」フィガロ、「椿姫」ジェルモン、「マクベス」マクベス、「シモン・ボッカネグラ」シモン、「マダム・サン=ジェーヌ」(日本初演)ナポレオン等を演ずる。また、三木稔「春琴抄」佐助、「じょうるり」阿波少掾(三木稔追悼公演)、團伊玖磨「夕鶴」惣どなど日本の作品にも出演。2010年上海万博「世紀のコンサート」(万博内総合芸術ホール)にて「第九」バリトンソロを務めた。地元山形では山形交響楽団の公演等に度々出演。二期会会員、日本声楽アカデミー会員、日本シベリウス協会会員、東京音楽大学非常勤オペラ研究員。





伊達政宗役 金沢平 Taira Kanazawa

秋田県出身。東京芸術大学声楽科卒業。卒業時に同声楽賞受賞。同大学院独唱科修了。
第53回芸大メサイア、また同年の第23回台東区第九公演のバスソリストを務める。2005年木下牧子作曲オペラ「不思議の国のアリス」改訂版初演にドードー鳥役で出演、好評を博す。オペラでは他に「ドンジョヴァンニ」「フィガロの結婚」「魔笛」「コジファントゥッテ」「椿姫」「蝶々夫人」「カルメン」等の主要な役をこなす。その他「レクイエム」(モーツァルト、フォーレ、ブラームス、ヴェルディ)「天地創造」「戴冠ミサ」「ヨハネ受難曲」「マタイ受難曲」「ロ長調ミサ」等のバスソリストも務める。
これまでに千葉いく子、牧野美紀子、高橋啓三、Bruno dal monteの各氏に師事。





影役 平野雅世 Masayo Hirano

大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業。イギリスへ留学。
関西二期会創立45周年記念公演「ラ・ボエーム」ミミ役で本格的オペラデビュー後、「アイーダ」「蝶々夫人」「椿姫」「トゥ―ランドット」「トスカ」の各タイトルロール「椿姫」ヴィオレッタ、「フィガロの結婚」伯爵夫人、「ドン・ジョヴァン二」ドンナ・エルヴィラ、「コジ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ、「つばめ」マグダ、「ザネット」シルヴィア等、関西を中心に多数のオペラ団体に出演。また演奏会でも「第9」「レクイエム」などのソロ、「西本智実in南座」(語り:黒柳徹子、衣装:コシノヒロコ)蝶々夫人役、「全国二期会サミットコンサートⅣ」等幅広く活躍。
2014年1月より文化庁新進芸術家海外研修制度特別派遣研修員としてニューヨークへ留学予定。また2014年10月関西二期会50周年記念公演「ドン・カルロ」エリザベッタ役、2015年2月「夕鶴」つう役での出演が決まっている。




黙役 渡部ギュウ Gyu Watabe

2007年「SENDAI座☆プロジェクト」を始動。俳優活動の他に演劇公演の企画制作、演出も行う。
【主な舞台】02年 一人芝居 「アテルイの首」。02年「イヌの仇討ち」。07年「元禄光琳模様」。11年「十二人の怒れる男」12年「ハイ・ライフ」【TV】13年NHK「東北Z」にてナレーター、NHKドラマ「かつお」に出演。平成11年度宮城県芸術選奨受賞。アジア小劇場ネットワーク演劇祭で「Alice賞2001」受賞。
日本演出者協会理事。児童劇団「AZ9ジュニア・アクターズ」養成講師。山形県出身。




黙役 野々下孝 Takashi Nonoshita

仙台で演劇活動を開始。大学卒業後、先端的な舞台芸術カンパニー 劇団山の手事情社に入団。東西の古典作品を世界各地で上演。山の手メソッドの確立と発展に関わる。
2010年に仙台シアターラボを旗揚げ。小中学校での教育普及活動、若手育成事業、地域の文化振興、世界水準の公演活動を行っている。




黙役 渡辺リカ Rika Watanabe

宮城教育大学在学中より、宮城県美術館等で舞踊ワークショップを行う。ロンドンのLABAN CENTRE留学後、子どもや幼児・小学校教育に携わる教育者、ハンディがある人達向けに身体表現ワークショップを行う。
大和町・塩竈市・名取市・加美町など県内各地で子ども中心の住民参加ミュージカルの演出、脚本も手がける。プランニング開所属。




黙役 原西忠佑 Tadasuke Haranishi

仙台演劇界気鋭の若手俳優として数多くの作品に出演。そのキレの良い身体と魅力的な声を活かし、演劇のほかパフォーマンス、映画、ラジオなど、さまざまな場で活躍。30代となり、その演技力と存在感に深みを増し、若手から実力派俳優へと変貌を遂げつつある。
信条は「演劇に忠実であること」




黙役 齋藤兼治 Kenji Saito

1981年宮城県石巻市生まれ。東北生活文化大学卒。在学中の2000年に劇団「空間実験こがねむし」を旗揚げ。俳優兼劇伴・劇中歌の作曲家として仙台市を中心に活動中。
主な作品:「二十一世紀鉄仮面」野外劇「盲葬」ライブパフォーマンス公演「あとの祭り」「仮面の忍者豚影」




黙役 千葉瑠依子 Ruiko Chiba

1985年岩手県生まれ。5才からモダンダンスを始め、踊ると元気がでるからだになる。宮城教育大学に進学し、里見まり子氏・榊原光裕氏に出会い、身体表現の世界に魅了され舞進中。
街中・原っぱ・酒蔵・家屋でのソロ作品や美術/音とのコラボレーションパフォーマンスを重ねる。Aiファクトリー支援員・ダンス講師。




黙役 藤田翔 Kakeru Hujita

青森県出身。大学から演劇を始め、現在は仙台において、新進気鋭の俳優として活動中。
主な出演に2011年7月飯田茂実+e-dance仙台「春風のなか、ちいさな街」2013年7月三角フラスコ「三人姉妹」など。また、舞台音響家としてもキーウィサウンドワークスに所属している。




黙役 嶺岸加奈 Kana Minegishi

宮城県仙台市出身、SENDAI座project俳優養成所声優塾所属。小学生の頃にモデル事務所に所属し、モデル、CMの仕事をしながらアイドルユニットのメンバーとしても活動していた。
【主な出演】CM:「ミヤギテレビ開局40周年」「バイタルネット」「北都銀行」他。舞台:「赤ずきんちゃんと森の狼たちのクリスマス」「僕たちの好きだった革命」「鳴子温泉郷物語~タルタロスの足湯~」






オペラ「遠い帆」合唱団

オペラ「遠い帆」2013年公演のための合唱団として、オーディションののち2012年9月15日に結成。現在の団員はソプラノ26名、アルト22名、テノール12名、バス10名の総勢70名で、18歳から82歳まで年齢構成もさまざま。1999年初演や2000年公演に参加したベテランも、初めての参加者も、先ごろ全音楽譜出版から出版された4手伴奏版楽譜を手に、1年以上にわたる船旅の途上である。指揮は今井邦男氏、指導に石川浩氏・佐藤淳一氏・千葉敏行氏。分量が膨大で難易度の高い楽曲「遠い帆」の合唱に果敢に挑み、その世界を豊かに表現するために、毎週練習に励んでいる。





児童合唱 NHK仙台少年少女合唱隊

1959年4月、仙台市制70周年を記念して設立。2005年、仙台少年少女合唱隊から「NHK仙台少年少女合唱隊」へ改称。仙台市内・外に在住する小学校1年生から高校2年生までの男女によって構成され、隊員の歌唱訓練のみならず、健全な人格形成を目標に、また、美しく正しい日本語の合唱とのふれあいを大切に、合唱を通して地域社会への音楽文化の高揚に努めている。
毎年12月に定期演奏会、夏休みを利用しての夏期合宿。これまで中国の長春市、ハンガリー少年少女合唱隊との交流、ポルトガルへの演奏旅行、スペイン・アンダルシア音楽祭参加など多彩な活動を行い、その他、1995年度みやぎ児童文化おてんとさん賞受賞。オペラ支倉常長「遠い帆」初演・2000年公演出演、「杜の都・市民金メダル」を受賞。





管弦楽 仙台フィルハーモニー管弦楽団

1973年創立。仙台市青年文化センターでの定期演奏会(年間9回18公演)をはじめ、東日本エリアを中心に年間約110公演に及ぶ演奏活動を展開。仙台国際音楽コンクールや仙台クラシックフェスティバル(通称「せんくら」)への出演など、本拠地である仙台の音楽文化の振興にも大きく貢献している。2011年3月の大震災後は、「音楽の力による復興センター・東北」と協力して “つながれ心 つながれ力” を掲げて、音楽を被災者のもとに届けながら絆を紡ぐ活動も展開している。それらの活動に対し2011年度エクソンモービル音楽賞洋楽部門本賞と渡邉曉雄音楽基金特別支援を受賞。2013年3月には(独行)国際交流基金の依頼によりロシアで被災地の代表として演奏し、震災後に世界から寄せられた支援への感謝の気持ちと、復興に向かう被災地を音楽の力で支え続ける楽団の姿を伝え、その大役を果たした。
常任指揮者にパスカル・ヴェロ、首席客演指揮者に小泉和裕、ミュージック・パートナーに山田和樹が就任している。

Web: 仙台フィルハーモニー管弦楽団

支倉常長 遠い帆